無添加や良質なタンパク質を使用しているキャットフードを選ぶ

添加物は人間の食品にも使用されていることがあり、健康状態が良くない方の中には、医師から添加物の摂取を控えるように指摘されて、食品を選ぶ時に無添加のものを選ぶ人もいます。人間と同様に、猫に与えるキャットフードの中には添加物が含まれるものが多く販売されています。主に添加物とは着色料などのことで、着色料とはそのフードの風味や見た目を良くするために使われるもので、一般的には身体に負担を与えるとされています。

基本的にキャットフードで無添加のものは商品パッケージのところに「無添加」と記載されている商品もあります。また、原材料を確認すれば着色料や保存料が使われているのかを知ることができます。無添加のものを選択すれば、飼主も安心して与えることができます。また、無添加の方が癌の発生率が低下するとされているため、長生きして欲しいと思われる飼主さんの多くは無添加のものを選択しています。

多くのキャットフードにはタンパク質が含まれていますが、今現在キャットフードを与えている方は、そのタンパク質の内容についても考慮する必要があります。良質なタンパク質を摂取することで、身体の状態を良好にし、免疫力を高める効果があります。猫でも歯石が蓄積すると口臭の原因になる可能性がありますので、口臭が気になる飼主さんは良質なタンパク質が含まれているキャットフードを選択してみるのも一つの方法です。

 

グレインフリーや病気予防ができるキャットフードを選ぶ

キャットフードを選ぶ時はグレインフリーについても確認してみましょう。グレインフリーという言葉も一般的になりつつありますが、グレインフリーとは穀物が使われていないキャットフードを示しています。穀物にも栄養分があるので、その栄養分を摂取できないと、健康面であまり良くないのではないかと疑問を持たれる方も多いですが、猫は本来肉食動物なので、穀物の消化酵素を持っていません。そのため、穀物の消化がしにくく、それが原因でアレルギーになってしまう子も少なくないのです。

アレルギーを発症する原因の一つに、とうもろこしや小麦などの穀物が考えられます。アレルギーになると、頻繁に身体を掻いたり、舐める症状などが見られます。酷い時は下痢や脱毛などを引き起こす猫も少なくありません。アレルギーの猫を飼っている方や未然予防としてアレルギー対策をしたい方の中には、グレインフリーのキャットフードを選択する人も多くいます。

いずれ猫もシニアになり、加齢と共に当然病気のリスクなども高くなってきます。飼主の中には、少しでも元気で長生きしてもらうために、病気予防に対応しているキャットフードを選択したいと思われる方も多いでしょう。できるだけ猫の体に負担をかけずに、病気予防に役立つ成分が入ったフードを選択して、健康的に生活ができる環境を整えましょう。